楽しい受験勉強の学習法とは?

楽しい受験勉強の学習法とは?

受験勉強が好きだった大人はいないでしょうし、喜んで受験勉強をする子どももいないでしょう。
科目によっては考える力を養う必要がありますが、暗記能力が試される受験勉強ほどつまらないものはないからです。
つまらない受験勉強を効率良く楽しく学習するには、それぞれの能力に合った学習法を身につける必要があります。

■勉強が苦手な人の学習法
勉強が苦手な人の場合は、勉強そのものに興味が持てていません。
しかし、好きなことに関しては、誰だって興味を持って真剣になれるのです。
例えば、「ゲームに関してはいくらでも攻略法を考えられる」とか「インターネットに関する知識ならいくらでも学べる」など、誰にでも没頭できるものがこの世に存在します。

勉強に興味が持てないのは「勉強の仕方が分からない」からであり、問題が解けるようになれば面白いと感じられるようになります。
勉強が苦手な人は、個別対応の塾や家庭教師から勉強の仕方を学びながら受験対策をするのが一番です。
個別に指導ができる先生は「興味の対象と勉強をつなげる」だけの指導技術を持っているので、全く面白いと思えなかった勉強を楽しくさせてくれます。
勉強が楽しくなれば、受験勉強も苦になることなく続けられます。

■勉強が得意な人の学習法
勉強が得意な人は、パターン化された学習法を嫌う傾向にあります。
勉強自体が好きでも、ある程度パターン化された受験勉強は退屈でしかありません。
ただ単に受験勉強をしても無意味なので、プロセスを楽しませてくれる名門学習塾や予備校に通いましょう。

名門と呼ばれている学習塾や予備校では、受験対策以外にもさまざまなプロセスが学べます。
学校では絶対に教えてくれないような指導をしているので、受験勉強+αが楽しめるのです。
周囲には良きライバルもいるので、知識や学習能力もどんどんレベルアップしていきます。

受験勉強は独学でもできてしまうものですが、受験のためだけの学習法を身につけてしまうと燃え尽き症候群になりやすいです。
受験そのものよりも受験後の学校生活が大切なので、受験勉強以外のことも教えてもらえる塾や家庭教師の存在は役に立つと捉えた方がいいでしょう。

    Copyright(C) 元教師監修|正しい学習法 All Rights Reserved.