大人に必要な効率の良い学習法とは

大人に必要な効率の良い学習法とは

定期的な試験や受験がある学生に比べ、大人になると定期的に学習をする機会が減ってしまいます。
企業によっては昇進試験や昇給試験を設けているところもありますが、何かの目的がない限りは勉強をする機会がないでしょう。
趣味・検定受験・国家試験受験などの勉強が必要になった際は、24時間しかない時間を効率良く使わなければなりません。

■生活リズムを調える
仕事によっては残業が毎日の場合もあれば、シフト制で出勤時間がバラバラということもあるでしょう。
仕事をしていれば誰でも思わず「忙しくて時間が取れない」と口にしますが、実際は勉強ができないほどに忙しい方は1%ほどです。
どうしても勉強をする必要がある時ほど、生活リズムを調えるようにしてください。

出勤時間も帰宅時間も関係ありません。
出勤前に1時間早く起きて勉強をするとか、帰宅をして1時間もテレビを見ている暇があったら勉強をするとか、今まで何気なく過ごしていた隙間時間を見直してみましょう。
ダラダラと過ごす時間は作らず、1秒単位で動くほどの生活リズムを作ってください。

■勉強する時間を決める
大人が一番やってはいけない学習法は、期間も時間も決めずにダラダラと勉強をすることです。
受験日が決まっているものであれば集中をせざるを得ませんが、特に受験の必要がない趣味や語学の勉強などは「時間がある時に勉強をする」というスタンスの方が多いのではないでしょうか。

どんな勉強に関しても、1日に勉強をする時間をキッチリと決めてしまいましょう。
30分でも1時間でも、毎日の積み重ねで知識は積もっていきます。
決められた時間に行うのがベストですが、難しい方は毎日の勉強時間を決めて習慣にしてください。

限られた時間のなかでの学習法は、短時間でどれだけ集中できるかがカギになります。
生活や仕事に支障を来たさない程度に、上手に学習法を身につけましょう。

Copyright(C) 元教師監修|正しい学習法 All Rights Reserved.