塾で学習するメリットとデメリットとは

塾で学習するメリットとデメリットとは

学習法の一つに塾へ通う方法があります。
規模の大きさや指導方法に違いがあるので、お子様に合った塾を選ぶようにしないと通う意味がなくなってしまいます。

■大規模塾のメリットとデメリット
<メリット>
・通う人数が多く、有名な学校に入学させるノウハウを持っています。
・過去の受験データが豊富な上に、合格実績のある学校との連携が密に行われています。
・受験に特化した授業が受けられるとともに、レベル別にクラス分けをしてもらえるので勉強がしやすいです。
・同じ目標に向かっている仲間がいるので、習熟度も一気にアップします。

<デメリット>
・宿題の量が多く、こなせない人は通うことができなくなります。
・クラスや校舎によって先生の質にバラつきがあります。
・受験脳から解放されないことがあります。

■小規模塾のメリットとデメリット
<メリット>
・学校のテスト対策ができます。
・一人一人の能力に合ったサポートができます。
・講師と仲良くなることで、苦手な教科も学びやすくなります。

<デメリット>
・少人数制で能力が偏っているため、有名校への受験対策が難しいです。
・生徒の目標がバラバラなので、競争心は生まれません。

■集団指導のメリットとデメリット
<メリット>
・競争心が生まれやすいです。
・受験用のカリキュラムが組まれているので、確実に身につきます。

<デメリット>
・自分のペースに合わせられないので、授業についていけなくなった時点で通う意味がなくなります。
・他の習い事や部活との両立が難しいです。

■個別指導のメリットとデメリット
<メリット>
・個別なので分からないことに対する質問がしやすいです。
・個別のカリキュラムなので、他の習い事や部活との両立がしやすくなります。

<デメリット>
・競争心が生まれません。
・授業料が割高です。

デメリットはメリットに変えられる可能性があるので、お子様の性格や学習能力に応じて塾選びをしてみましょう。

    Copyright(C) 元教師監修|正しい学習法 All Rights Reserved.